ウィッグを染める ダイロン編

耐熱性のウィッグは自分で染めることもできます。その方法で人気があるダイロンを使った方法を紹介します。

 

ウィッグを染めるのに紅茶なども有名ではありますが、一番手軽にできる方法ではないかと思います。

 

ただ、何度か試したのですが、どうしても色むらが出ることがありました。ウィッグの質にもよるのかもしれません。

 

色ムラが酷い場合は使うことができなくなりますから、失敗したくないというウィッグでは染は行わないほうが無難ではあります。

 

材料・必要なもの一覧

 

  • ダイロン
  • 耐熱性のウィッグ
  • ゴム手袋
  • 大きめの鍋
  • ポリエステル染色補助剤
  • シャンプー

 

用意した鍋にウィッグがしっかりつかる量のお水を入れます。40度くらいの温度まで温めます。

 

 

ダイロンを溶くために、上記とは別の300cc程度の熱湯を用意します。

 

 

お湯を沸かす間に、ウィッグをシャンプーで洗います。

 

 

2で用意したお湯にダイロン、塩を入れ混ぜます。

 

 

4のダイロン湯を1の鍋に入れ、ウィッグも鍋の中に投入!

 

 

ゴム手袋をしてから、ウィッグがよく染まるように揉み混んでください。

 

 

ウィッグになじんで来たら、鍋に火をつけます。時々、箸などでウィッグをひっくり返しましょう。

 

 

鍋が沸騰したら火を消してしばらく置いておきます。

 

 

鍋が冷めてからウィッグを水洗いして、その後、シャンプーなどでケアします。

 

 

風通しの良いところで乾かせば完成です!

 

 

※しっかり、色を入れたい場合は、鍋が沸騰してから2時間くらい煮込んでみてください。

 

ダイロンは通販でも購入することができます。(楽天)

 

薄毛対策におすすめのかつら・ウィッグ通販ランキング

アクアドールの特徴
メディア、ファンション雑誌にもたくさん掲載されているウィッグ、エクステ専門ショップです。人毛100%のかつら、ウィッグや人毛を混ぜてある使いやすい人毛MIXのウィッグなど種類がたくさんあります。高品質なのに低価格1万5000円〜人毛ウィッグが販売されています。手軽にさっと被れる帽子付きウィッグも人気。
価格 フルウィッグ最安値 2,970
評価 評価5
備考 フルウィッグ送料無料

リネアストリアの特徴
☆ モールでもランキング上位の人気専門店 着物、和服や結婚式などのファッションにもぴったりのヘアーウィッグが人気です。通販でもカラーが合わせやすいように、ヘアカラーサンプルも販売されています。実際のウィッグの素材感、色を確認することができますよ。フルウィッグ、ハーフウィッグは送料無料です。
価格 フルウィッグ最安値 2900
評価 評価5
備考 フルウィッグ送料無料
TOPへ